会社員の副業には確認や注意が必要です。

ここ数年、以前よりは景気も上向いているようなニュース報道がされていますが、実生活として、依然給料が大幅に増えるわけではなく、お金を作る方法を見いだせず、将来に明るい期待が持てるわけでもなく、けっして良い状況ではありません。

こうしたことから、老後の生活に対して不安感を抱くサラリーマンも大勢いるようで、最近では会社員の副業がとても人気を集めています。会社員の副業といっても、いろいろあります。会社の仕事が終わってから、または休日にお店でアルバイトを行なうものや、FXや不動産投資など、ネットを使わずに稼ぎ出す副業もあります。また、逆に一方では、アフィリエイトやドロップシッピング、せどり、ブログライター、クラウドソーシングなど、ネットを使って稼ぐものもあります。

いずれにせよ、昔から比べると、会社員の副業も行ないやすくはなってきましたが、こうした副業を行う上で、まず気をつけたいことは、会社の就業規則を確認することです。会社によってはその就業規則内に、会社の許可なく副業をしてはならないといった、副業を禁止する規則がある場合もあります。このような就業規則であるにもかかわらず、副業を行なっていると、懲戒処分になってしまう危険性もあるため、必ず規則を確認した方がよいでしょう。

このような場合、特にアルバイトや派遣で働くことは避けた方がよいでしょう。これはアルバイト先の給与支払い申告等によって、副業が会社にわかってしまうからです。本業があっての副業です。副業を重視したばかりに本業がなくなってしまうのは本末転倒なので、注意しましょう。

さて、就業規則に副業規定が特にない場合でも、会社員の副業は年間20万円を上限に考えるべきです。年間で、必要経費を差し引いた儲けが20万円以上を超えた場合は、確定申告する必要が出てきます。儲けが20万円以上、年間であるにもかかわらず、確定申告しなければ、これは脱税となりますので、特に気をつけなければならないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ