家でできる仕事が増えて良かった

家でできる仕事が増えているので良かったと心から思います。私は外に出て仕事することができませんから、今のように、家でできる仕事が増えてきた世の中に感謝しています。インターネットができたおかげで、家でできる仕事が増えたと思いますが、パソコンやスマートフォンのおかげでもあるかもしれませんね。
家でできる仕事というと、昔ならば、いわゆる「内職」ということでしたが、単価の低いものを、とにかく数をこなして作るしかないという形態のものだけでした。単価が安いので、数をこなすしかなく、そのためには時間をたくさんかけるしかありません。寝る時間を削って、数をこなすしかありませんでした。しかし、パソコンができて、インターネットができたことで、劇的に家でできる仕事が増えました。増えたたでけはなく、内職に比べて、単価もずっと高いのです。ずっと高いといっても、専門的な知識がなければ、単価は低いのですが、内職に比べれば、それでもずっと高いわけです。
ソフトウェアの開発などをできる人であれば、フリーで開発を請け負って、自宅でガッツリと稼ぐこともできるそうです。ライターなどをしている人もいて、自宅で文章を書いて、メールで納品すればいいのですから、外で仕事をする必要なんてありませんものね。そう言ってしまえば、昔からライターや作家という人たちは、家でできる仕事をしていたわけですが、今は言ってしまえば、だれでもライターになれてしまって、インターネットで仕事を受けて、インターネットで納品できてしまうわけです。デザイナーとか、イラストレーターなどもそうですよね。家にいて仕事ができてしまいます。
そもそも、家の外でしなければいけない仕事ばかりではありません。政府もテレワークとかいう構想を進めようとしているようですが、これなんて、もう何十年も前から言われていたことです。何を今さら…という感じですが、外で働けない人にとっては、自宅でできる仕事が増えているのは、本当にありがたいことです。

SNSでもご購読できます。